犬の保護・譲渡事業

main-pic2

■保護・譲渡事業

家庭犬しつけ協会にて、飼主のいない犬達の保護譲渡活動をしています。
様々なイベントなども行っています。詳細はコチラです。

■新しい家族募集中 画像クリックでプロフィールがみられます

じゅう吾(チワワ) ダル(ダルメシアン)
こたろう(MIX) まろん(MIX) くうが(MIX)
しゅう(MIX) もみじもか(MIX) ちーかま(MIX)

■保護犬の飼主さんインタビュー

【栗原さん・かえでちゃん】

すずちゃん、かえでちゃん

左:すずちゃん 右:かえでちゃん

<かえでちゃんとの出会い>
先住犬(すず)を飼っているのですが、3歳になり落ち着きがでてきた事もあって2頭目のワンちゃんを迎えたいという思いがありました。また、私自身が預かりのボランティアに興味があり、1年程保護犬のボランティアのHPや里親になった方のブログをチェックしていました。

<譲渡に至るまで>
すずは犬が苦手で、負担にならないように落ち着いたお姉さんが迎えられると良いと思っていました。成犬だと性格も分かりやすいので、すずとマッチする出会いになったと思います。初めてすずと会った時も私が想像するよりもうまくなじんでくれました。

<迎え入れるにあたって>
かえでは、1年近く保護されていたのですが、その時の様子やどんな子か、ブログで知ることができたのがペットショップには無い良さだと思います。また、保護団体の方に相談もできて、色々とサポートをしてくれるのでありがたいです。

<かえでちゃんと家族になって、感じたこと>
すずともどんどん仲良くなってくれているし、元気になったり、毛ツヤもよくなって、私の事も頼ってくれるようになったりと…どんどん新しい一面が見られる事がうれしいですね。
大切な家族の一員です。

<ワンちゃんを飼いたいと思っている方へメッセージ>
本当にいろんな性格の子がいるので、それぞれの家庭に合ったワンちゃんが絶対に見つかると思います。自分の生活環境に合った子が見つかって、犬たちの幸せにも繋がるので、保護犬の里親になる事を考えてみてください。


【甲斐さん・ステラちゃん】

甲斐さん・ステラちゃん

甲斐さん・ステラちゃん

<ステラちゃんとの出会い>
初めて飼う犬だったのですが、妻ができれば保護犬を飼いたいと思っていて、里親募集のサイトを1年程調べていました。

<譲渡に至るまで>
お見合い、2週間のトライアルを経て、正式に譲渡となりました。預かりボランティアの方が実際に飼っている最中、「こんな一面が出てきた」と新たに発現した性格などを教えてくれたので、どんな子か良く知る事ができました。

<迎え入れるにあたって>
過去にトレーニングを受けた事があったようで、お座り、待てなどの覚えがあるようでした、また、トイレは最初から、ほとんど100%成功させる事ができました。こういった事も保護犬ならではだと思います。

<ステラちゃんと家族になって、感じたこと>
もともと妻と二人だけだったこともあり、本当の子どものように感じています。性格も人好きで、抵抗なく打ち解ける事ができました。

<ワンちゃんを飼いたいと思っている方へメッセージ>
その子の性格、良い所も良くない所も分かったうえで飼う事ができるのが保護犬譲渡の最大のメリットだと思います。トレーニングされている犬であれば、犬を飼った経験の無い方でも、抵抗無く飼う事ができると思います。忙しくて動物愛護センターの譲渡事前講習会へなかなか行けないと思う方もいるようですが、保護団体を介せば忙しい方でも迎え入れる事ができると思いますよ。


【折茂さん・こむぎちゃん】

こむぎちゃん

こむぎちゃん

<こむぎちゃんとの出会い>
先住犬(きなこ)を飼っているのですが、2頭目の子を飼いたいと思っていたところ、知り合いの方が預かりボランティアをしている方を紹介してくれて、そこでこむぎと出会いました。

<迎え入れてからの様子>
もともと元気で若い子ということもあり、いっしょに過ごす事で順調に体重も増えて、すっかり家族の一員になっています。マイクロチップもあった為、月齢や誕生日を知る事もできました。

<こむぎちゃんと家族になって、感じたこと>
こむぎは元気でおてんばで、いたずらっ子な面もありますがそこもかわいいです。 きなこだけだった時と比べて、2頭で楽しそうに遊んでいる所を見ると、迎えて良かったなと特に思います。

<保護犬について>
私は保護犬について認識があまり無かったのですが、こむぎと会うことでそういう世界を知る事ができ、目を向けるきっかけになりました。他に保護犬を飼っている方とお話しする機会があったりと、繋がりがうまれました。

<ワンちゃんを飼いたいと思っている方へメッセージ>
まずは保護犬のことを知ってもらって、保護犬にたくさんの愛情を注いで家族として接してほしいと思います。そうやって飼主のいない犬が1匹でも少なくなれば良いと思います。

Top